金融市場

投資銀行、プライベート・エクイティ・ファンド、中央銀行、仲買業者、資産運用会社、商業銀行、プライベートバンク、保険会社など業界の諸組織を対象に、世界の金融市場で事業面のリスクが集中している分野やその現状、未開拓の投資機会などに関する情報を提供しています。

サービス


弊社では世界の200の市場と24の垂直産業市場を対象に、特定の立場に偏ることのない高信頼の分析と予測を提供する一方、培ったグローバル・アウェアネスを駆使し、各々の市場の関連性を探りつつ、今後も分析を継続していきます。

デイリービュー

世界185カ国市場の実用分析貴社に影響を及ぼすとみられる新たなトレンド、リスク、ビジネスチャンスについての最新情報を提供します。コンペティティブ・インテリジェンスから市場の戦略的展望、M&A活動から規制動向まで、あらゆる分析が弊社プラットフォーム、あるいはカスタマイズ可能な電子メールアラート配信機能を使って入手可能です。

レポート&戦略コンテンツ

世界96カ国市場の詳細レポート 金融業界についての分析を加えた、マクロ経済学の観点に立脚した各種予測を立て、四半期ごとのレポートを発行、内容的には経済および政治面の展望、5年および10年先の業界見通し、規制制度、競合環境、業界のトレンドなど、さまざまなテーマを網羅しています。

データ&予測

比較やエクスポートが可能な世界185カ国の市場データ 先進国市場、新興国市場、未開拓市場に関して、5年あるいは10年先の予測を盛り込んだ、124万行を超えるデータに素早く簡単にアクセスできます。弊社所有のデータベースは、成長市場を見わけ、リスクを管理するために役立っており、テーマとして鉱業、石油・ガス、電力、医薬品・ヘルスケア、インフラ、テレコムなどがあります。

アナリストへのコンタクト

カントリーリスクおよび産業担当アナリストに直接コンタクト 分析の背後にある主な見解と予測をエキスパートと語り合い、貴社に影響を及ぼすとみられる重大な問題について究明していきましょう。

smile弊社の分析と予測は、 フォーチュン500に名を連ねる400社の大企業が活用しています。

独自のメリット


総分析

総分析の核心は、政治、経済、金融市場における、トップダウン、グローバル、マクロ分析、そしてボトムアップについて、特定国のマクロ分析を行うにあたり偏見を持たないということです。この心の持ち様について理解した上で、広く深い知識を手に入れ、それを活かすことこそ、自信を持って正確に予測する道に至るのです。

実績

総分析は過去10年間にわたる、ほとんどのマクロおよび市場で起きた出来事の予測に役立ちました。たとえば、2008年のサブプライム危機とその後の世界不況、陰りの見える中国経済、ギリシ危機とその後のユーロ圏危機、2012年にブラジルで発生した通貨下落などです。東日本大震災(2011年)、アラブの春(2011~2013年)、ロシアのクリミア合併(2014年)などを含め、予測すらできなかった世界的な事件が連続するなかで、国家レベルあるいは産業レベルによる素早い戦略的な連係もスムーズに実施されました。

未開拓市場と新興国市場に的を絞った世界195カ国市場を網羅しています。

主なクライアント


資産マネージャー、ヘッジファンドマネージャー、およびプライベート・エクイティ・ファンマネージャー は、投資管理および資産分配の一環として、弊社の偏見とは無縁の予測と分析を活用しており、一方で社内知的所有権データおよびモデル化の評価にも活用しています。

保険代理店および保険業者 は、彼らが影響を受ける主な問題を理解するため、弊社の国家、政治、および産業の各種リスク分析を活用しています。

投資銀行および商業銀行は、資本調達および(構造、組織、貿易金融、M&Aなどに関する)複数助言として、弊社の分野およびマクロエキスパートを活用しています。

エコノミストおよびシニアアナリストは、マクロ経済、政治、および規制動向に関する、弊社の長期にわたる戦略的な予測を活用し、グローバル市場の理解に役立てています。

無料お試しをリクエストの上、弊社の金融市場サービスをご体験ください。

お試しの申し込み